2006年04月08日

ラウモンタイト(Laumontite)「濁沸石」

laumontite.jpg

成分:CaAl2Si4O12・4H2O
硬さ:3.5〜4
産地:カナダ

ゼオライト「沸石」グループ中の一種で、玄武岩や安山岩、その他の多くの岩石中の空洞に生成し、また、金属鉱脈、特に銅鉱脈の脈石をなします。
単斜晶系の柱状で両端が斜めに切れた形の結晶をつくり、他には塊状や繊維状、円柱状、放射状のものもあります。
色は、白色や黄色、灰色などの濁ったものが多く、空中に放置すると一部が脱水してより白濁し、ついには粉末となってしまいます。条痕は無色。
透明から不透明で、ガラス光沢ないし真珠光沢をもちます。劈開は三方向に完全で、断口は不平坦状を示します。一分子の水分を失ったものをβレオンハルダイト「βレオンハルド沸石」と言います。
posted by コスモスペース at 17:01| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。