2006年04月08日

ラピス・ラズリ(Lapis Lazuli)「瑠璃」

lapislazuli.jpg

成分:(Na,Ca)7-8(Al,Si)12(O,S)24[(SO4),Cl2,(OH)3]
硬さ:5〜5.5
産地:アフガニスタン

ラズライト「青金石」の宝石名で、古来から世界中の人々に珍重され続けてきた鉱物。また、「群青」「空青」と称された、紺青色の貴重な絵の具でもありました。
熱変成を受けた石灰岩中に生成し、よくパイライト「黄鉄鉱」やドロマイト「苦灰石」と共産します。
等軸晶系の十二面体か八面体、六面体の結晶をつくりますがごく稀でm多くは塊状や緻密な晶癖をもちます。
色は、特有の今青色のものの他には、天青色や緑青色、菫青色のものなどがあり、条痕は淡青色となります。
半透明でにぶい光沢をもち、劈開はなく、断口は不平坦状を示します。
posted by コスモスペース at 17:11| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。