2006年04月08日

ラブラドライト(Labradorite)「曹灰長石」

labradorite.jpg

成分:(Ca,Na)(Si,Al)4O8
硬さ:6〜6.5
産地:マダガスカル

フェルドスパー「長石」の系列のプラジオクレース「斜長石」の一種で、変成岩の重要な構成要素となり、中性岩や塩基性岩によく見られます。
三斜晶系の微小結晶からなる塊状で産出し、ほかには粒状や緻密な晶癖をもつものもあります。
色は、無色やピンク色、オレンジ色。青色のものなどがあり、特に青灰色のものは、この鉱物特有の二つの劈開面の方向に閃光を放つ効果のあるラブラドレッセンスを示します。
この効果の原因は層状組織の光の干渉とマグネタイト「磁鉄鉱」のインクルージョンによって生じる光の効果の相乗作用によるものです。条痕は白色。
半透明でガラス光沢をもち、劈開は完全で、断口は不平坦状ないし貝殻状を示します。
フィンランドのユレマ地方で産出するこの鉱物は、スペクトルの虹色を示すことから、 、スペクトロライトとも呼ばれています。
posted by コスモスペース at 17:13| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。