2006年04月08日

ラリマー(Larimar)

larimar.jpg

成分:NaCa2Si3O8(OH)
硬さ:4.5〜5
産地:ドミニカ共和国

ドミニカ共和国の、青く美しいペクトライト「曹珪灰石」を言う現地名。
玄武岩質の溶岩の空洞に、ヘウランダイト「輝沸石」やフィリプサイト「灰十字沸石」、アナルシム「方沸石」などの沸石鉱物と共産します。
三斜晶系に属した針状結晶体が放射状に集合したものや、繊維状構造からシャトヤンシーを示すものなどがあり、また、よくブドウ状でも発見されることがあります。
色は、青色や帯緑色、明るいブルーなどのものがあり、条痕は白色を示します。
半透明で、ガラス光沢ないし絹糸光沢をもち、劈開は一方向に完全で、断口は不平坦状となります。
カボション・カットすると美しいカット石になりますが、硬度のわりにはこの石には粘り気があり、研磨するのには硬度な技術を必要とします。

posted by コスモスペース at 17:14| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。