2006年04月08日

リディコタイト (Liddicoatite)「リディコート電気石」

liddicoatite.jpg

成分:Ca(Li,Al)3Al6(BO3)3Si6O18(O,OH,F)4
硬さ:7〜7.5
産地:マダガスカル

11種類あるトルマリン「電気石」グループ中の一種で、ナトリウム分が少なく、カルシウム分の含有の多いものを言います。エルバイト「リチア電気石」とは成分が連続的に変化し、場合によっては一個の結晶の中に両方の領域があることもあります。
ペグマタイト中に六方晶系の柱状結晶体で産出します。
色は、紅色や緑色、褐色など様々ありますが、時にはその色柄が一本の結晶中で内側に向かって変化したものものあり、特に六角形の中に三角形の模様(メルセデスマーク)のものは人気があります。条痕は無色。
透明ないし不透明でガラス光沢をもち、劈開はなく、断口は不平坦状から貝殻状を示します。
posted by コスモスペース at 17:33| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。