2006年04月08日

レピドクロサイト(Lepidocrocite)「鱗鉄鉱」

lepidocrocite.jpg

成分:γ-Fe3+O(OH)
硬さ:5〜5.5
産地:イギリス

ゲーサイト「針鉄鉱」と同成分で、同質異像鉱物です。この両者は、産出状態も全く同様で、ゲーサイトの皮殻状集合体の表面に、レピドクロサイトの微細な結晶が付着しているものなどがしばしば見られます。従って、これらの区別はなかなか難しく、そんな場合には、よくリモナイト「褐鉄鉱」を使用しています。
斜方晶系の扁平な鱗片状結晶体で発見され、また、繊維状や雲母状の塊で見られるものもあります。
色はルビー赤色や赤褐色、帯黄色、黒褐色、褐色のものなどがあり、条痕は橙色です。
やや金属光沢をもった半透明石で、劈開は完全で、断口は不平坦状を示します。
posted by コスモスペース at 18:20| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。