2006年04月08日

レピドライト(Lepidolite)「リシア雲母、鱗雲母」

lepidolite.jpg

成分:K(Li,Al)4O10(F,OH)2
硬さ:2.5〜4
産地:ブラジル

マイカ「雲母」の一種で、花崗岩やペグマタイトのような酸性火成岩中に、エルバイト「リチア電気石」やアンブリゴナイト「アンブリゴ石」、スポデューメン「リシア輝石」などと共産します。
単斜晶系に属する六角板状の結晶をつくることもありますがごく稀で、多くは燐片状や中粒、細粒などの集合体で見られます。
色は、含有されたリチウムの作用でピンク色や赤紫色、紫灰色などを示し、他には帯灰色や白色、無色のものなどがり、条痕は無色です。
透明から半透明で真珠光沢をもち、底面に甚だしい劈開があって、板状に薄く剥離することを特徴とします。
posted by コスモスペース at 18:23| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。