2006年04月08日

ロードクロサイト(Rhodochrosite)「菱マンガン鉱」

rhodochrisite.jpg

成分:Mn2+CO2
硬さ:3.5〜4
産地:ペルー

重要な炭酸鉱物の一つで、カルサイト「方解石」とは類質銅像です。
金属鉱脈の脈石をなしたり、局部的に濃集して炭酸マンガン鉱として利用されます。
六方晶系の菱面体に結晶するものが典型的ですが、六角の錘状などにもなり、また、層状や塊状でも見られます。
色は、美しいピンク色やローズ色、紅赤色などで、中南米、特にアルゼンチンが主産地のために、別名インカ・ローズとも呼ばれています。条痕は白色。
透明ないし不透明で、ガラス光沢か真珠光沢をもち、劈開は菱面体(三方向)に完全で、断口は不平坦状を示します。
posted by コスモスペース at 18:38| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。