2006年04月08日

ロック・クリスタル(Rock crystal)「水晶」

rockcrystal.jpg

成分:SiO2
硬さ:7
産地:ブラジル

クォーツ「石英」の無色透明なものを言います。
各種鉱脈の脈石として第一にあげられ、また、珪岩、ペグマタイト中に含まれたり、地表に最も広く分布したりしている鉱物。
水晶の主成分は珪酸(SiO2) で、結晶は六方晶系に属して多くは六方柱と錐面との集計をなし、柱面には横の条線があります。
また、これらが同集晶や双晶となったものもよく発見されます。
劈開は不完全で、断口は貝殻状を呈し、ガラス光沢を放ちます。
石英中でも、透明で最も純白な水晶は、古くは氷の化石化したものと信じられ、また、清流の源で結晶原石がよく発見されたことから「水精」呼ばれ、それが語源だとされています。
posted by コスモスペース at 19:10| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。