2006年03月25日

サードオニクス(Sardonyx)「赤縞瑪瑙」

sardonyx.jpg

成分:SiO2
硬さ:7
産地:ブラジル

アゲート「瑪瑙」で、赤色と他の色(主に白色)とが交互に縞目を表したものを言います。
潜晶質縞状の珪酸で、岩石の空隙中に層状に沈殿し、また、その崩壊によって生じた砂礫中に、腎臓状やブドウ状の塊で産出します。
この鉱物の赤色の部分をカーネリアンと言いm酸化鉄が潜晶質の組織の間に沈殿して赤色になったものです。最近ではこの原理を利用して、人工的にアゲートを硝酸鉄溶液に浸してから熱処理して酸化鉄を生じさせる方法で着色したものもあります。条痕は白色。
透明のものと不透明のものがあって、ガラス光沢をもち、劈開はなく、断口は不平坦状を示します。
この鉱物の用途は非常に広く、宝飾品はもとより、各種の彫刻材料、各種のベアリング、印材などに使用されています。
posted by コスモスペース at 17:50| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サーペンチン(Serpentine)「蛇紋石」

serpentine.jpg

成分:(Mg,Fe2+)3Si2O5(OH)4
硬さ:2.5〜4
産地:ミャンマー

サーペンチンはグループ名で、アンチゴライト、クリソタイル、リザーダイトの3種類があります。
いずれも、地殻の深部で生成したものが、断層帯に沿って地表近くに上昇して来たものです。
結晶は、単斜晶系や、斜方晶系に属しますが、大部分のものは塊状や繊維状、粒状などで産出します。
色は、黄緑色や暗緑色、褐色、白色、帯褐緑色、帯黄緑色のものなどがあります。
半透明ないし不透明で、樹枝光沢ないし脂光沢を帯びています。
posted by コスモスペース at 17:52| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サニジン(Sanidine)

sanidine.jpg

成分:(K,Na)(Al,Si)4O8
硬さ:6
産地:ドイツ

フェルドスパー「長石」グループ中の二つのサブ・グループの一つ、ポタッシウム・フェルドスパー「カリ長石」に属します。なお、同じグループに、マイククリーン「微斜長石」とオーソクレース「正長石」とがあります。
粗面岩や流紋岩などの火山性火成岩中に生成し、また、何種類かの接触変成岩中に産するものもあります。
単斜晶系に属した柱状結晶体で見られますが、しばしば板状の2個の結晶が入り組んだ形の、カルルスバッド式、双晶で発見されることもあります。
色は、無色や白色、淡褐色で、条痕は白色を示します。
ガラス光沢のある透明石で、劈開は完全で、断口は貝殻状から不平坦状となります。
posted by コスモスペース at 17:54| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サファイア(Sapphire)「青玉」

sapphire.jpg

成分:Al2O3
硬さ:9
産地:スリランカ

酸化アルミニウム鉱物の一つ、コランダム「鋼玉」のうちの、赤色を除いたすべての色のものがなじみがあります。
ある種の火成岩と変成岩の中に生成し、また、票砂鉱床中にも産出することがあります。
六方晶系に属する六角柱状結晶、複六角錐結晶、樽型結晶をつくり、他には塊状や粒状の晶癖をもつものもあります。
色は、少量の酸化チタニウムを含んでなった青色をはじめ、無色や緑色、帯黄緑色、キロ、黄金色、ピンク色のものなどがあり、条痕は白色を示します。
透明ないし半透明で、ガラス光沢か金剛光沢をもち、劈開はなく、断口は貝殻状から不平坦状となります。
posted by コスモスペース at 17:56| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザラタイト(Zaratite)

zaratite.jpg

成分:Ni3(CO3)(OH)4・4H2O
硬さ:3.5
産地:オーストラリア

塩基性火成岩中および蛇紋岩中から産出する二次鉱物で、多くは、他のニッケル鉱に伴います。
等軸晶系に属しますが、多くは微晶質の皮殻状や粒状、塊状などで発見されます。
色はエメラルド・グリーン色で、条痕はそれよりもやや淡色となります。
透明ないし半透明石でガラス光沢から油脂光沢を放ち、断口は貝殻状を示します。
この鉱物の純粋なものは、NiO59.56%、CO211.70、H2O28.75%を含みますが、Niの一部はMgで置換されることが多く、閉管中では水とCO2を出して、灰黒色磁性の残渣を残します。
吹管では不熔。温希塩酸に発砲しながら容易に溶けます。
posted by コスモスペース at 18:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サルファー(Sulphur)「硫黄」

sulphur.jpg

成分:S
硬さ:1.5〜2.5
産地:イタリア

硫黄は、斜方硫黄と単斜硫黄とがあり、前者は95.5℃で後者に変わり、後者は120℃で熔融します。
火山の火口や温泉の噴出孔付近などから産出し、また、湯泥の中に沈殿して沈殿硫黄となって、多孔質の中に吹き込んで交代鉱床を作ったりします。
天然産のものはほとんど斜方硫黄です。四角錐形の結晶で、錐面はだいたい階段状になっています。くぼみができやすく、その他には塊状や腎臓状、鍾乳状、粉状などで発見されます。
色は、黄色のものが普通ですが、中には橙黄色または橙色のものがあり、これをセレン・サルファーと呼んでいます。これは含有されたセレンによってなる色だろ思われていましたが含有量は極めて少なく、硫黄の変種としたほうが良いという説も生まれました。条痕は白色。透明または半透明で樹枝光沢をもち劈開は底面に不完全で、断固は不平坦状から貝殻状を示します。
posted by コスモスペース at 18:02| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンストーン(Sunstone)「日長石」

sunstone.jpg

成分:(Na,Ca)Al(Al,Si,)Si2O8
硬さ:6〜6.5
産地:インド

紅色のフェルドスパー「長石」で、アベンチュレッセンスを、もつので、アベンチュリン・フェルドスパーとも呼ばれています。
オリゴグレース「灰曹長石」やアルバイト「赤鉄鉱」やゲーサイト「針鉄鉱」などの薄片を混じえて産出します。
三斜晶系に属しますが、通常は塊状で発見されます。色は、本来のものは無色ですが、インクルージョンによって黄色や紅色、赤色、褐色など様々な色のものが見られます。
半透明で強いガラス光沢を放ち、劈開は三方向に完全です。
posted by コスモスペース at 18:04| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

シアノトリカイト(cyanotrichite)「青針銅鉱」

cyanotrichite.jpg

成分:Cu42+Al2(SO4)(OH)12・2H2O
硬さ:3
産地:U.S.A

銅の硫酸塩鉱物の一つで、鉱脈、特に銅鉱脈の酸化帯に生成します。
斜方晶系に属する小さな針状の結晶が羽毛状の塊になってものや、皮膜状、繊維状の葉脈のものなどがあります。
色は、淡青色から濃青色のものまで見られ条痕は淡青色を示します。
酸に溶け、炎で熔融する性質をもちます。この鉱物は1808年に発表され、その時は「ベルベット銅鉱」と呼ばれていました。
posted by コスモスペース at 16:47| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェーライト(Scheelite)「灰長石」

scheelite.jpg

成分:CaWO4
硬さ:4.5〜5
産地:U.S.A

タングステン酸塩鉱物の一つで、重要なタングステン鋼の原料とされ、日本からもよく産出する鉱物です。
ペグマタイト性石英脈中や接触鉱床中に、チャルコパイライト「黄銅鉱」を伴って産出します。
正方晶系の錐形半面像に属する八面体式の結晶体で発見されることが多く、他には卓状結晶体や塊状、粒状などでも見ることができます。
色は、無色や白色、灰色、帯黄白色、黄色、オレンジ色、褐色、紫色、帯緑色のものなどがあり、条痕は白色を示します。
透明ないし半透明で、ガラス光沢または金剛光沢をもち、劈開は一方向に明瞭で断口はやや貝殻状から不平坦状となります。この鉱物は、紫外線で青白い蛍光を放つことで有名です。
posted by コスモスペース at 16:52| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェダイト(Jadeite)「ヒスイ輝石、硬玉」

jadeite.jpg

成分:Na(Al,Fe3+)Si2O6
硬さ:6.5〜7
産地:ミャンマー

パイクシーン「輝石」グループに属し、アンフィボール「角閃石」グループのネフライト「軟玉」と共にジェードと称されています。ネフライトより硬度が高いことから硬玉とも言われています。
蛇紋岩化した超塩基性火成岩や片岩中に生成し、チャートなどに小さいレンズ状の含有物としても産出することがあります。
単斜晶系に属しますが、結晶体でみられることは稀で、細かい繊維状のものを織り交ぜたようになったもので産出します。
そのため、とても強靭で、砕こうとするとかえって鉄鎚が欠けてしまうほどです。
色は白色のものが多く、その他には、クロム分の含有によって緑色を示すものや、チタンの混入による青紫色のものなどがあります。また、鉄分を多量に含有して暗緑色になったものは、クロロメラナイロ「濃緑玉」と呼ばれています。いずれも条痕は無色です。
半透明でガラス光沢をもち、劈開は良好で、断口は多片状を示します。
posted by コスモスペース at 16:57| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェット(Jet)「黒玉」

jet.jpg

成分:C+不純物
硬さ:2.5〜4
産地:U.S.A

ギリシャ語で「ガガテス」(小アジア、リュキアのガガイの町)とも言い、松拍類樹木の化石化したもので、褐炭の黒色変種を指します。
丸太などの漂流する植物質でできた海生層で成長し、その後に水を吸い込んで浮力を失い、海の泥へ沈んだと考えられています。
歴青頁岩に見られる緻密な物質で、褐色のすじをつくります。
イギリスやスペイン、フランス、ドイツ、ロシア、アメリカのユタ州・コロラド州、ニューメキシコ州などの石炭層に産出しますが、歴史上最も重要な産地はm初めてジェットが採掘されたイングランドのヨークシャーホイットビーです。ここから産出するものは、19世紀、も服用の宝飾品として普及していきました。
光沢は普通は鈍いのですが、研磨によってガラス光沢を示します。
殻状の割れ目をもち、石炭と同様に可燃性です。琥珀と同じく摩擦すると帯電することから、黒琥珀とも呼ばれます。
posted by コスモスペース at 16:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シデライト(Siderite)「菱鉄鉱」

siderite.jpg

成分:Fe2+CO3
硬さ:4
産地:U.S.A

カルサイト「方解石」グループの一種で、マグネサイト「菱苦土石」、ロードクロサイト「菱マンガン鉱」とは類質同像の鉱物。
深熱水鉱脈またはその母岩中に、トルマリン「電気石」などと伴って産出し、また、温泉や湖水の沈殿物として鉱層をなしたりします。
六方晶系の菱面体結晶で発見されたり、緻密な塊状や粒状、ブドウ状、魚卵状の晶癖のものも見られます。
色は、淡黄色、淡緑色、灰色、帯緑灰色、黄灰色、緑褐色、褐色のものなどがあり、条痕は白色を示します。
透明ないし半透明で、ガラス光沢または真珠光沢をもち、菱面体方向に完全な劈開があり、断口はやや貝殻状から不平坦となります。
posted by コスモスペース at 17:01| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シトリン(Citrine)「黄水晶」

citrine.jpg

成分:SiO2
硬さ:7
産地:ブラジル

クォーツ「石英」グループの透明結晶石中、色の濃淡にかかわらず、黄色の水晶を言います。
各地のペグマタイトの晶洞中や各種鉱脈の脈石柱、珪岩中などに産出します。
六方晶系に属した六角柱状や錐面と六方柱との集形などで見られ、また、その同集晶や塊状などでもよく発見されます。
シトリンの天然の色のものは少なく、アメジスト「紫水晶」に加熱処理をして変色させたものや、ロック・クリスタル「白水晶」を放射線処理したものなどがあります。主産地は、ブラジルやチリ、メキシコなどですが、最近ベトナムから上質のものが発見されました
posted by コスモスペース at 17:04| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジプサム(Gypsum)「石膏」

gypsum.jpg

成分:CaSO4・2H2O
硬さ:2
産地:U.S.A

鉛、亜鉛鉱に伴って、第三紀火山岩中に黒鉱鉱床を作ったり、またこれらによりやや離れて単独に塊状の鉱床を作ります。
単斜晶系に属する卓状やダイヤモンド形の結晶で、たいていは双晶をなし、このタイプで透明のものをセレナイト「透石膏」と言っています。また、粒状の微晶質塊状で白色のものはアラバスター「雪花石膏」、繊維状集合でシルク光沢の強いものをサティン・スパー「繻子石膏」と呼んでいます。
色は多くは白色または灰色ですが、不純物のために、黒、褐、赤、黄、青色になることもあり、条痕は白色を示します。
透明のものから不透明のものまであり、光沢もガラス光沢や真珠光沢、絹糸光沢など様々です。
一方向に完全な劈開があり、断口は多片状となります。
posted by コスモスペース at 17:08| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャーレンブレンド(Scallenblende)

schallenblende.jpg

成分:混合物により違います
硬さ:2.5〜7
産地:U.S.A

スファレライト「閃亜鉛鉱」やガレーナ「方鉛鉱」が層状をなし、その隙間にハイドロジンサイト「水亜鉛鉱」やマーカサイト「白鉄鉱」などが見える鉱物の集合体を言います。
熱い溶液が地殻の表面近くまで上昇して、熱水鉱脈中に生成します。
色は、スファレライト の部分は褐色、ガレーナの部分は鉛色、ハイドロジンサイトの部分は白色、マーカサイトの部分は灰色となります。
この鉱石の産地は、ドイツ、ベルギー、オーストリア、ポーランドで、名称は叩くと高い音が出るところから、ドイツ語で「響く鉱石」の意味のSchallenblendeとなりました。
posted by コスモスペース at 17:10| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャスパー

jasper.jpg

成分:混合物により違います。
硬さ:7
産地:南アフリカ共和国

不純な潜晶質石英で、不透明なものを言います。
アゲート「瑠璃」、カルセドニー「玉随」と同種ですが、それらが半透明なのに対して、ジャスパーは不純物が20%以上混入しているために不透明になったものです。その混入された成分によって、様々な色や模様、形態を示し、その主なものには、酸化鉄の画乳によって赤色を示すもの(佐渡の赤石もその一つ)や俗に青瑠璃と称される暗緑、暗青、暗緑褐色のもの、縞模様のあるもの、断球状で累帯構造のもの、ジャスパーとオニクスとの縞状をなす縞瑠璃に似たもの、珪化木の一種のジャスパーライズド・ウッドと呼ばれるもの、オパールとの中間性のオパール・ジャスパー「蛋白碧玉」、年度が火成岩の変質を受けてできたポーセライン・ジャスパー「陶碧玉」などのものがあります。
posted by コスモスペース at 17:11| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャッタカイト(Shattuckite) 「シャッツク石」

shattuckite.jpg

成分:Cu52+(SiO3)4(OH)2
硬さ:3.5〜4
産地:メキシコ

銅鉱の一種で、クリソコラ「珪孔雀石」やプランシェアイト「プランヘ石」と酷似しているためによく混同される鉱物。
単斜晶系に属しますが、大半は塊状や粒状、繊維状などで産出し、ごく稀には微小結晶体で発見されることもあります。
色は、淡青色や青色。暗青色、濃青色のものなどがあります。
不透明でガラス光沢ないし絹糸光沢を放ちます。劈開はニ方向に良好で、断口は不平坦状を示します。
アメリカのアリゾナ州では、マラカイト「孔雀石」の仮晶として産出します。
posted by コスモスペース at 17:14| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパニーズ・ローズ・ツイン・クォーツ(Japanese law twin qartz)「日本式晶」

japaneseqartz.jpg

成分:SiO2
硬さ:7
産地:ペルー

ロック・クリスタル「水晶」の双晶の一種。傾軸式双晶で、二つの結晶の主軸(C軸)が直角に交わっているように見えますが、実際は84°33’の角度をなしています。
接合部分は必ずしも平面ではなく、多くは屈曲しています。
扁平な晶癖をもつ平板水晶が2個接合しているところから、俗に夫婦水晶とも呼ばれています。
posted by コスモスペース at 17:15| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャメソナイト(Jamesonite)「毛鉱」

jamesonite.jpg

成分:Pb4FeSb6S14
硬さ:2〜3
産地:メキシコ

熱水鉱脈中に生成する硫塩鉱物の一つで、元素を豊富に含む熱い溶液が節理や断層に浸透し、冷却して沈殿したもの。プーランジェライト「プーランジェ鉱」など、他の硫塩鉱物や硫化鉱物、炭酸塩鉱物とよく共産します。
単斜晶系の針状の結晶が繊維状になったものや塊状、羽毛状などの晶癖をもつものもあります。
色は、条痕とも灰黒色で、不透明で金属光沢を持っています。
底面に良好な劈開があり、断口は不平坦状ないし貝殻状となります。
posted by コスモスペース at 17:17| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショール(Schorl)「鉄電気石」

schorl.jpg

成分:NaFe35+Al6(BO3)3Si6O18(OH)4
硬さ:7〜7.5
産地:ブラジル

11種類あるトルマリン「電気石」グループ中の一種で、鉄分を多く含有しているものを言い、グループの中では一番産出が多い鉱物です。
ペグマタイト中や気成鉱床中に、他のトルマリン類などと共産します。
六方晶系の劈開四面体半面晶族に属し、多くは柱状の結晶体で発見され、その結晶面に伸びる方向に平行な条線があります。また、針状結晶の集合したものでも見られることがあります。
色は、含有された鉄分の作用で黒色となり、従って、ブラック・トルマリンはほとんどこの種類に属しています。条痕は無色。
透明から不透明でガラス光沢をもち、劈開はなく、断口は不平坦状から貝殻状を示します。
posted by コスモスペース at 17:21| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。