2006年04月08日

ローズ・クォーツ(Rose quartz)「紅水晶」

rosequartz.jpg

成分:SiO2
硬さ:7
産地:ブラジル

元来のローズ・クォーツとは、ピンク色またはローズ色のクォーツ「石英」のことです。塊状のものは各地のペグマタイト中から産出されますが、半透明ないし透明のの六方晶系に属する結晶が六角柱状になった良質のものの産出地区は、ごく限られています。
ローズ色の原因はまだ特定されていませんが、内部に微小なルチル「金紅石」が含まれている場合が多く、また、それの針状組織の発達した原石をカボション・カットした時にはスターが見えていわゆるスター・ローズ・クォーツとなります。
しかし、カット石としてよりもむしろ、置物などの彫刻用としての需要が多い石です。
透明ないし半透明でガラス光沢をもち、劈開はなく、断口は貝殻状から不平坦状を、示します。
posted by コスモスペース at 18:34| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローディサイト(Rhodizite)

rhodizite.jpg

成分:(K,Cs)Al4Be4(B,Be)12O28
硬さ:8.5
産地:マダガスカル

ペグマタイト鉱物で、ピンク・トルマリンとよく共生します。
斜方晶系または等軸晶系(擬晶)に属する十二面体あるいは四面体の結晶で発見されるほか、塊状などで見ることができます。
色は、無色や白色、帯黄白色、淡黄色、淡緑色、灰色、ピンク色のものなどがあります。
透明ないし半透明で、柄う光沢や金剛光沢を放ちます。
マダガスカルから良質のものが産出し、淡色の緑色、黄色の透明石は、カット石となります。
posted by コスモスペース at 18:36| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロードクロサイト(Rhodochrosite)「菱マンガン鉱」

rhodochrisite.jpg

成分:Mn2+CO2
硬さ:3.5〜4
産地:ペルー

重要な炭酸鉱物の一つで、カルサイト「方解石」とは類質銅像です。
金属鉱脈の脈石をなしたり、局部的に濃集して炭酸マンガン鉱として利用されます。
六方晶系の菱面体に結晶するものが典型的ですが、六角の錘状などにもなり、また、層状や塊状でも見られます。
色は、美しいピンク色やローズ色、紅赤色などで、中南米、特にアルゼンチンが主産地のために、別名インカ・ローズとも呼ばれています。条痕は白色。
透明ないし不透明で、ガラス光沢か真珠光沢をもち、劈開は菱面体(三方向)に完全で、断口は不平坦状を示します。
posted by コスモスペース at 18:38| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロードストーン(Lodestone)「天然磁石」

lodestone.jpg

成分:Fe2+Fe23+O4
硬さ:5.5〜6.5
産地:U.S.A

マグネタイト「磁鉄鉱」の強い磁性を示す変種を言います。
もともと、マグネタイトには強い磁性が見られますが、ごく普通のものは針や首を吸着できるほど磁性が強くはありません。
ところが、いろいろな条件が重なって影響を与え、磁場の方向がそろうと、磁力が強くなって方向磁石にも使えるほどの変種となり、これをロードストーンと言っています。
外側に付着しているかのように見えるのは蹉跌と呼ばれているもので、これは岩石中にあった磁鉄鉱の結晶が風化分解されて集積されたものです。
等軸晶系の正八面体結晶 で見られ、色は黒色で、金属光沢のある不透明石です。
posted by コスモスペース at 18:40| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロードナイト(Rhodonite)「バラ輝石」

rhodonite.jpg

成分:(Mn2+,Fe2+,Mg,Ca)SiO3
硬さ:5.5〜6.5
産地:ブラジル

珪酸マンガン鉱物で、以前はパイロクロシーン「輝石」グループに属するとされていたために、日本名をバラ輝石と言いました。その後違うと判明しましたが、今でもバラ輝石の名で普及しています。
マンガンに富む変成岩や交代変成作用を受けた堆積岩であるスカルンや大理石、特に不純物を含む石灰岩中などに生成します。
三斜晶系に属する丸みを帯びて稜のある大きな結晶体で発見されることもあり、また、緻密な塊状や粒状のものなどでも見ることができます。
色は、普通淡紅色から深紅色ですが、帯褐赤色のものもあり、また、マンガンの多いものには黒い葉脈があります。条痕は白色です。
不透明ないし半透明または透明で、結晶面はガラス光沢、劈開面は真珠光沢を持っています。
ニ方向に完全な劈開があり、断口は貝殻状から不平坦状を示します。
posted by コスモスペース at 18:41| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロック・クリスタル(Rock crystal)「水晶」

rockcrystal.jpg

成分:SiO2
硬さ:7
産地:ブラジル

クォーツ「石英」の無色透明なものを言います。
各種鉱脈の脈石として第一にあげられ、また、珪岩、ペグマタイト中に含まれたり、地表に最も広く分布したりしている鉱物。
水晶の主成分は珪酸(SiO2) で、結晶は六方晶系に属して多くは六方柱と錐面との集計をなし、柱面には横の条線があります。
また、これらが同集晶や双晶となったものもよく発見されます。
劈開は不完全で、断口は貝殻状を呈し、ガラス光沢を放ちます。
石英中でも、透明で最も純白な水晶は、古くは氷の化石化したものと信じられ、また、清流の源で結晶原石がよく発見されたことから「水精」呼ばれ、それが語源だとされています。
posted by コスモスペース at 19:10| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。