2006年04月08日

リアルガー(Realgar)「鶏冠石」

realgar.jpg

成分:AsS
硬さ:1.5〜2
産地:中国

中国では、赤いこの鉱物を雄黄とし、黄色のオーピメント「石黄」を雌黄としました。(両者とも砒素の硫化物)。
熱水鉱脈と温泉地帯に生成し、オーピメントやスティーブナイト「輝安鉱」、シルバー「自然銀」などの輝石と協賛することがあります。
単斜晶系の短柱状で、条線を示す結晶で見られることが多く、ほかには塊状や緻密。粒状の集合体のものなどもあります。
色は、明るい赤または橙淦色で、条痕は橙黄色から橙赤色まであります。
透明または不透明で、樹脂光沢か油脂光沢をもちます。
劈開は柱と平行に完全で、断口は貝殻状を示します。

posted by コスモスペース at 17:15| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラリマー(Larimar)

larimar.jpg

成分:NaCa2Si3O8(OH)
硬さ:4.5〜5
産地:ドミニカ共和国

ドミニカ共和国の、青く美しいペクトライト「曹珪灰石」を言う現地名。
玄武岩質の溶岩の空洞に、ヘウランダイト「輝沸石」やフィリプサイト「灰十字沸石」、アナルシム「方沸石」などの沸石鉱物と共産します。
三斜晶系に属した針状結晶体が放射状に集合したものや、繊維状構造からシャトヤンシーを示すものなどがあり、また、よくブドウ状でも発見されることがあります。
色は、青色や帯緑色、明るいブルーなどのものがあり、条痕は白色を示します。
半透明で、ガラス光沢ないし絹糸光沢をもち、劈開は一方向に完全で、断口は不平坦状となります。
カボション・カットすると美しいカット石になりますが、硬度のわりにはこの石には粘り気があり、研磨するのには硬度な技術を必要とします。

posted by コスモスペース at 17:14| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラブラドライト(Labradorite)「曹灰長石」

labradorite.jpg

成分:(Ca,Na)(Si,Al)4O8
硬さ:6〜6.5
産地:マダガスカル

フェルドスパー「長石」の系列のプラジオクレース「斜長石」の一種で、変成岩の重要な構成要素となり、中性岩や塩基性岩によく見られます。
三斜晶系の微小結晶からなる塊状で産出し、ほかには粒状や緻密な晶癖をもつものもあります。
色は、無色やピンク色、オレンジ色。青色のものなどがあり、特に青灰色のものは、この鉱物特有の二つの劈開面の方向に閃光を放つ効果のあるラブラドレッセンスを示します。
この効果の原因は層状組織の光の干渉とマグネタイト「磁鉄鉱」のインクルージョンによって生じる光の効果の相乗作用によるものです。条痕は白色。
半透明でガラス光沢をもち、劈開は完全で、断口は不平坦状ないし貝殻状を示します。
フィンランドのユレマ地方で産出するこの鉱物は、スペクトルの虹色を示すことから、 、スペクトロライトとも呼ばれています。
posted by コスモスペース at 17:13| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラピス・ラズリ(Lapis Lazuli)「瑠璃」

lapislazuli.jpg

成分:(Na,Ca)7-8(Al,Si)12(O,S)24[(SO4),Cl2,(OH)3]
硬さ:5〜5.5
産地:アフガニスタン

ラズライト「青金石」の宝石名で、古来から世界中の人々に珍重され続けてきた鉱物。また、「群青」「空青」と称された、紺青色の貴重な絵の具でもありました。
熱変成を受けた石灰岩中に生成し、よくパイライト「黄鉄鉱」やドロマイト「苦灰石」と共産します。
等軸晶系の十二面体か八面体、六面体の結晶をつくりますがごく稀でm多くは塊状や緻密な晶癖をもちます。
色は、特有の今青色のものの他には、天青色や緑青色、菫青色のものなどがあり、条痕は淡青色となります。
半透明でにぶい光沢をもち、劈開はなく、断口は不平坦状を示します。
posted by コスモスペース at 17:11| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラドマライト(Ludlamite)「ラドラム鉄鉱」

ludlamite.jpg

成分:Fe2+,Mg,Mn2+)3(PO4)2・4H2O
硬さ:3.5
産地:U.S.A

銅、その他の金属鉱床や燐ペグマタイトの酸化帯中の隙間に、同じ燐酸塩鉱物のビビアンナイト「藍鉄鉱」またはパイライト「黄鉄鉱」、シデライト「菱鉄鉱」などと共産します。
単斜晶系の六角板状や小板状の結晶体が平行集合体や皮殻状集合体などをなし、また、塊状や粒状などで発見されたりもします。
色は、輝緑色や青リンゴ色、鮮緑色、暗緑色のものなどがあり、条痕は淡緑白色を示します。
劈開は、板状の結晶面に平行に完全で、そのために真珠光沢を放ちます。
posted by コスモスペース at 17:10| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラズライト(Lazurite)「青金石」

lazurite.jpg

成分:(Na,Ca)7-8(Al,Si)12(O,S)24[(SO4),Cl2,(OH)3]
硬さ:5〜5.5
産地:アフガニスタン

代表的な珪酸塩鉱物で、ソーダライト「方ソーダ石」グループに属します。
熱変成を受けた石灰岩中に生成し、その場合アウィン「藍方石」やソーダライト、パイライト「黄鉄鉱」などとよく共存が見られます。他にもダイオプサイト、「透輝石」、ホーンブレンド「普通角閃石」などを伴うことがあります。
等軸晶系の緻密な塊状や粒状で発見されることが多く、また、稀には十二面体や八面体、六面体の結晶をつくることもあります。
色は、群青色や天青色、緑青色、空色、紺青色のものなどがあり、条痕は淡青色を示します。
半透明でにぶい光沢をもち、劈開はなく、断口は不平坦状となります。
posted by コスモスペース at 17:07| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラズーライト(Lazulite)「天藍石」

lazurite.jpg

成分:MgAl2(PO42(OH)2
硬さ:5.5〜6
産地:カナダ

燐酸塩鉱物の一種で、石英脈や花崗岩質ペグマタイト、メタ珪岩や変成岩などに生成します。ペグマタイトの場合はアンダリュサイト「紅柱石」やルチル「金紅石」と変成岩の場合はクォーツ「石英」やガーネット「柘榴石」、カヤナイト「藍晶石」などとそれぞれ共産します。
三斜晶系の鋭錐状や柱状の結晶体で見られることが多く、他には塊状や粒状、緻密な晶癖をもつものもあります。
色は、青色や淡青色、濃青色、藍色のものなどがあり、条痕は白色を示します。
透明ないし不透明で、ガラス光沢からにぶい光沢をもちます。
劈開は不明瞭で、断口は不平坦状から多片状となります。

posted by コスモスペース at 17:02| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラウモンタイト(Laumontite)「濁沸石」

laumontite.jpg

成分:CaAl2Si4O12・4H2O
硬さ:3.5〜4
産地:カナダ

ゼオライト「沸石」グループ中の一種で、玄武岩や安山岩、その他の多くの岩石中の空洞に生成し、また、金属鉱脈、特に銅鉱脈の脈石をなします。
単斜晶系の柱状で両端が斜めに切れた形の結晶をつくり、他には塊状や繊維状、円柱状、放射状のものもあります。
色は、白色や黄色、灰色などの濁ったものが多く、空中に放置すると一部が脱水してより白濁し、ついには粉末となってしまいます。条痕は無色。
透明から不透明で、ガラス光沢ないし真珠光沢をもちます。劈開は三方向に完全で、断口は不平坦状を示します。一分子の水分を失ったものをβレオンハルダイト「βレオンハルド沸石」と言います。
posted by コスモスペース at 17:01| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユナカイト(Unakite)

unakite.jpg

成分:混合物により異なります
硬さ:6.5〜7
産地:U.S.A

エピドート「緑れん石」、フェルドスパー「長石」、クォーツ「石英」などが集合した岩石。塊状岩石で産出します。
色は、エピドートの部分は黄緑色、ゲルどすパーの部分はピンク色、クォーツの部分は白色となり、他にチューライト「緑泥石」を含有すると濃緑色となります。
不透明石で光沢も鈍く、劈開はありません。断口は不平坦状を示し、長、短波には変化はありません。(含有鉱物によって、一部は蛍光します)
posted by コスモスペース at 16:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーディアライト(Eudialyte)「ユーディアル石」

eudialyte.jpg

成分:Na4(Ca,Ce)2(Fe2+,Mn2+,Y)ZrSi8O22(OH,Cl)2
硬さ:5〜5.5
産地:カナダ

ジルコニウム、希土類、塩素を含有する珪酸塩鉱物の一つで、疎粒の珪酸の酸性および中性の火成岩中に生成します。
六方晶系属する卓状か菱面体、または柱状の結晶体をつくります。
色は、帯黄褐色や帯赤褐色、淡紅色のものなどがあり、条痕は無色です。
半透明で、ガラス光沢およびにぶい光沢をもちます。
劈開はなく、断口は不平坦状を示します。1819年にF.Stromeyerによって評されました。
posted by コスモスペース at 16:58| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。